窓際に緑映えるコロニアル建築様式の3階建ての建物。そこが“お茶のあるくらし自由が丘”が入っているロータスビルです。

更新日:7月14日

建物コーナーにヨーロッパ風の街灯を設置していて、時々街灯と一緒に自由が丘の隠れた映えスポット(自称?)として撮っていかれる方がいらっしゃいます。


外観は、少し鋭角な角地の特性を生かそうと2枚貝のようなデザインになっていて、溝を切って大理石積み、もしくはライムストーン積みを思わせる外壁、これに、さらなるアクセントとなって全体を引き立てているのが、ロートアイアンによる、フラワーボックスや、キャノピー、ランプ、門扉などです。 全体として、フランスの瀟洒な洋館を思わせる外観をコンセプトに、設計デザイナーさん曰く、フランスのアパルトマンを彷彿とさせるように…との事ですが、ちょっと背伸びが過ぎるかと思います(笑)。


1階に2テナントあり、1店舗は子供服のフォーエバーリアンさんで、もう一つの小さい店舗がお茶のあるくらしです。 店舗はそれほど広くはありませんが、天井の高さが2.9mありますので、狭いわりにゆっくりとお茶も試飲でき、自由が丘お茶カフェの穴場的存在になれればと思います。 


お茶のあるくらし自由が丘は無農薬茶、有機栽培茶をコンセプトにしていることから、建物全体もしっくい壁を使っていたり、お店も内装は自然素材を使用していたりお茶を置いている展示環境にも配慮したいと考えています。


自由が丘駅から徒歩7分と少しありますが、途中にブティックや、その先にはモンサンクレールさんなどもありますので、駅周辺で自由が丘Caféランチなどを愉しんだ後、少し時間に余裕のある方はアパルトマンかアパートに毛が生えた程度か見定めて頂ければ幸いです。


~お茶のあるくらしONLINE SHOP~

https://official.shop-ocha-life.jp/